テレビゲームに熱中した小学生の頃

テレビゲームって楽しいですね。
私がテレビゲームに始めて触れたのは小学生のときでした。
テレビでやるゲームといったら、白い棒と丸が動いてテニスをしたり、 ぴこーんぴこーんという音で単純な動きをするものを動かすなどのゲームでした。

そこに登場したのが、ファミリーコンピュータなのです。

すごく画期的で、衝撃を受けました。すぐに親に買ってくれとせがみましたね。
確か当時のお小遣いが月500円くらい。一方のファミコンは15000円もしました。ソフトは4000円くらいだったので合計すると二万円!大金です。
おやにはそんな高いものを!ときつくしかられました。

それでも末っ子の甘え上手なのをうまく使って、お年玉からお金を出すからとか勉強頑張るからとかいろいろ理由を考えて親にねだったと思います。結局は買ってもらえてそこから私のゲーム人生が始まったのです。

そんなこんなで、自分が親になる年になると子供たちはテレビゲームよりも、携帯ゲームで遊んでいます。 今の携帯ゲームは進んでいるので、昔のファミコンをあっさりと超越するゲームがいっぱいありますね。 技術の進歩はすごいものです。

子供のころゲームをしながら、このゲームでの主人公のレベルとかお金はどうなるんだろうと、よく思いました。 このゲーム内のお金が実際のお金になったらなぁ。なんてことも考えたものです。

Steam ってすごく便利

PCでゲームをするときはいつもSTEAMで遊んでいます。STEAMは様々なジャンルのゲームを販売しています。ゲームメーカーも世界中の国から集まっていて主に使用する言語は英語なんですが、たまーに日本の会社が翻訳した日本語版も出ています。 またオンラインで友達と一緒に遊ぶこともできるPCゲームプラットフォームです。

Steam を使い始めて驚いたのはゲームがとても安いこと。あまり有名でないインディーズゲームなんかは定価が980円くらいで、しかも発売日から20%オフで売られていることも。有名ゲームメーカーの作った新作ソフトは8000円近い価格で高いのですが発売から2、3年も経てば50%オフはあたりまえで75%オフくらいまでは下がります。以前に最大で98%オフというタダ同然の価格まで下がったのを見たことがあります。ジュースより安い100円以下で買えてしまって儲けがあるんでしょうか?

©ゲーム攻略サイト専門サーチエンジン All rights reserved